Enterprise Watch
最新ニュース

最新ニュース

【 2012/11/30 】

【 2012/11/29 】

【 2012/11/28 】

FTC、米Rambusに独禁法違反の裁定


 米連邦取引委員会(FTC)は8月2日(米国時間)、半導体開発会社の米Rambusに対し反トラスト法(独占禁止法)違反の裁定を下した。DRAM市場を違法に独占したと認めたもので、今後、同社に適切な是正措置を求めてゆく。

 FTCによると、同社は「欺まん的行為によって標準化プロセスをゆがめ」、DRAMに組み込まれている4つのメモリチップ技術について不当に市場を独占したという。裁定は5人の委員の全員一致で決まった。

 FTCは2002年6月、Rambusがメモリ標準化団体「JEDEC」(Joint Electron Device Engineering Council)のメモリ標準化プロセスで、特許関連情報を自社に有利になるよう意図的に隠したとして、反トラスト法の審判手続を開始。この時は2004年2月に棄却された。

 なお、Rambusは取得した特許を侵害されたとして、韓国のHynix Semiconductor、米Micron Technologiesなどを訴えている。すでに多額のライセンス料を払っているメモリ企業も多く、大きな影響がありそうだ。



URL
  FTC
  http://www.ftc.gov/
  米Rambus
  http://www.rambus.com/
  プレスリリース(英文)
  http://www.ftc.gov/opa/2006/08/rambus.htm


( Infostand )
2006/08/03 09:05

Enterprise Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.