ニュース

Microsoftが「SQL Server on Linux」発表、2017年中ごろにもリリースへ

 米Microsoftは7日(米国時間)、Linux向けSQL Serverのリリース計画を発表した。この「SQL Server on Linux」は、2017年の中ごろの提供を目標としており、オンプレミス版とクラウド版が用意されるという。

 Microsoftでは、SQL Server on Linuxの提供によって、Windows ServerとLinux、オンプレミスとクラウドで一貫したデータプラットフォームが提供可能になるとアピール。また米Red Hat 製品/テクノロジー担当プレジデントのポール・コーミア氏や、英Canonicalのファウンダーであるマーク・シャトルワース氏は、SQL ServerのLinux対応を歓迎するメッセージを寄せている。

 なお3月7日には、SQL Server on Linuxのプライベートプレビューの登録受け付けも開始された。

(石井 一志)