ニュース

TIS、新データセンター「GDC大阪」を4月27日開業

 TIS株式会社は3日、関西地区の新たなデータセンター「GDC大阪」を4月27日に開業すると発表した。

「GDC大阪」の外観

 GDC大阪は、関西地区におけるデータセンター需要の拡大に応えるため、株式会社野村総合研究所(NRI)とTISが共同で運営するデータセンター。TISの他のデータセンターとの接続や、各種クラウドサービスとの接続活用で、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッド環境でのシステムも構築できる。

 大阪の北摂地域、大阪湾から約20km、海抜185mの強固な地盤の上に立地し、大阪市内中心部から約1時間でアクセスが可能。基礎免震構造のデータセンター専用施設で、地震・液状化・津波・洪水といった自然災害にも強く、自家発電による72時間の自立運転が可能。電源は異変電所より3回線(本線・予備線+予備電源線)を受電する。

 TISでは、高い災害耐性と立地利便性、信頼性・機能性に優れた設備を兼ね備え、高度な運用サービスを提供できるGDC大阪を、既存ハイスペックセンターの「GDC御殿山」(東京)と同様に位置付け、金融機関などの厳しい要件にも応える安全で堅牢なファシリティとして、幅広い業種の企業に向けて展開していくとしている。

(三柳 英樹)