ニュース

三菱電機とNTT Com、監視カメラを用いた新たなソリューション提供に向け協業

 三菱電機株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は3日、監視カメラシステムにAIによる人間の動作検知などの映像解析技術やクラウドネットワークなどのサービスを組み合わせた新たなソリューションの提供において協業すると発表した。

 三菱電機は、1954年に国産第1号の監視カメラ(火力発電所の炉内監視に利用)を製品化して以来、主に道路・河川・ダム・港湾などの様々な公共施設に監視カメラや映像解析システムを提供してきた。近年は、この技術を活用し、公共施設に加えてコンビニ、スーパーなどの小売店舗や、金融店舗、ビルなどの幅広い分野で製品を提供している。

 NTT Comは、2012年に企業向けのクラウドサービス「Enterprise Cloud」の提供を開始し、幅広いAPIの対応やVPN接続、クラウドリソース管理のためのポータル機能を提供している。また、映像解析では、人間の「動作」を理解する新しい人工知能「時系列Deep Learning」を開発し、映像データから、「きょろきょろしている」「しゃがんでいる」「ものを置いている」などの動作を高精度に検知することに成功。こうした技術を活用し、様々な用途に応じた映像データの解析を可能とする「映像解析プラットフォーム」(仮称)の提供を検討している。

 両社では、互いの製品やサービス、技術、ノウハウを組み合わせることにより、防犯用途だけでなく様々なサービスの提供を目指し、監視カメラを利用した新しいビジネスの創出を図るとしている。

 今後、2016年度上期から小売店舗や金融店舗など実フィールドでの実証実験を開始。映像解析の実用性の確認やネットワークを含めたシステムの最適化を検討し、実サービスの提供を目指す。

 また、現在検討中の監視カメラと映像解析の連携システムについては、3月8日〜11日に東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW 2016」の三菱電機ブースで参考展示する。

(三柳 英樹)