ニュース

KDDI、東京都多摩市に新データセンター開設、約1300ラック規模

 KDDI株式会社は東京都多摩市に新データセンター「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」を開設し、2月12日よりサービスを開始した。ラックあたりの電力供給能力を最大42kVA(定格)としており、これは国内最大級という。

東京都多摩市に開設された「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」の外観イメージ

 TELEHOUSE TOKYO Tama 3は鉄骨造の地上5階建て。基礎免震構造を備え、約4000平方メートルのスペースに約1300ラックを設置できるとしている。

 ラック収容効率を向上させるため、電力供給能力も高めた。1ラックあたりの供給電力は平均で定格21kVA(実効15kVA)、最大で定格42kVA(実効30kVA)。無給油で48時間以上運転できる自家発電設備を備え、UPSは15分間の運用が可能。一方で、LED照明や人感センサーなど各種省エネ設備の導入により、センター全体の電力効率を示す「PUE」は1.31(設計値)を達成している。

 このほか、日本データセンター協会が策定する性能基準「JDCC-FS」の最高レベル「ティア4」に準拠する。KDDIでは、都心から30km離れた地域に立地している点を踏まえ、非常時のBCP(事業継続計画)およびDR(災害復旧)対策にも効果的な施設だとアピールしている。

(森田 秀一)