ニュース

NEC、薄型軽量ノートPC「VersaPro UltraLite」など、ビジネス向けPC新製品

 日本電気株式会社(NEC)は20日、インテルの第6世代Coreプロセッサー(開発コード名:Skylake)を採用し、Windows 10を搭載したビジネス向けPCの新製品8タイプ20モデルを発表した。1月26日から順次出荷を開始する。

VersaPro UltraLite タイプVM

 「VersaPro UltraLite タイプVM」は、最薄部16.9mmの薄型筐体に、有線LANポートやHDMI、Mini DisplayPort、大容量バッテリーなどを標準搭載した、14型フルHDの大画面モバイルノートPC。航空機にも採用されているカーボン素材を天板に採用し、満員電車などの圧迫を想定した「耐250kgfクラス」の頑強構造と1.38kgの軽量設計を両立している。

 ベースモデルの主な仕様は、CPUがCore i5-6200U(2.30GHz)、メモリが4GB、ディスプレイが14 型ワイドIPS液晶(フルHD)、OSがWindows 10 Pro(64ビット)、ストレージがSSD 約128GB。この構成での希望小売価格は29万3000円(税別)。

VersaPro タイプVD

 「VersaPro タイプVD」は、従来機種比で約20%薄型化した27.6mm筐体の、15.6型ノートPC。高速データアクセスが可能な容量500GBのSSHDの搭載にも対応する。

 ベースモデルの主な仕様は、CPUがCore i5-6300U(2.40GHz)、メモリが2GB、ディスプレイが15.6型ワイドIPS(HD)、OSがWindows 10 Pro(64ビット)、
ストレージがHDD 約500GB。この構成での希望小売価格は22万5000円(税別)。

 VersaProはこのほか、「タイプVX」「タイプVA」、SOHO・中小企業向けの「タイプVL」がラインナップされる。

Mate タイプMB

 「Mate タイプMB」は、2つのDisplayPortやアナログRGB端子を標準搭載し、3台のディスプレイに出力可能な、筐体幅88mmのスリムデスクトップPC。複数のディスプレイ表示が求められる金融や設計開発などの分野において、業務の効率化を実現する。

 ベースモデルの主な仕様は、CPUがCeleron G3900(2.80GHz)、メモリが4GB、OSがWindows 10 Pro(64ビット)、ストレージがHDD 約500GB。この構成での希望小売価格は16万5500円(税別)。

 Mateはこのほか、スリムタワーの「タイプME」、液晶一体型の「タイプMG」がラインナップされる。

(三柳 英樹)