ニュース

2014年第2四半期の国内サーバー市場、出荷額トップはNEC〜IDC Japan調査

2014年第2四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア(出荷額ベース 出典:IDC Japan)

 IDC Japan株式会社は16日、2014年第2四半期(4月〜6月)の国内サーバー市場動向を発表した。それによると、同市場規模は前年同期比1.2%増の954億円、出荷台数は同4.7%減の11万7000台だったという。

 2014年第2四半期は、ビジネスサーバーの出荷額が前年同期比77.8%増、x86サーバーの出荷額が同6.8%増となり、サーバー市場全体に対するx86サーバーの出荷額構成比は、前年同期から3.5ポイント上昇して66.5%を占めた。一方でRISC&IA64サーバー(UNIXサーバー)は、10四半期連続して2けたのマイナス成長になっている。

 ベンダー別出荷額では、x86サーバーでITサービス向けに500台規模の大口案件を複数獲得したほか、メインフレームで金融向けに大型機の出荷があったことで、NECが首位を獲得した。2位のIBMは、ビジネスサーバーが好調だったものの、ほかの製品分野では前年同期比2けたのマイナス成長になってしまったことが響いているという。

 3位は富士通で、x86サーバーとRISCサーバーの出荷額がプラス成長、メインフレームの出荷額がは2けたマイナス成長となった。以下、HP、日立と続く。

 なお、x86サーバー市場を抜き出してみると、出荷額は前述の通り前年同期比6.8%増の634億円と増えた一方で、出荷台数は同4.2%減の11万5000台となった。今期は、1000台規模の大口案件は数件あったが、その他の案件の規模が小さかったことが影響しているという。また、前期の2014年第1四半期に消費増税前の駆け込み需要があり、その反動も影響したとのことだ。ベンダー別シェアでは、富士通が2位のNECと僅差で1位を獲得している。