2014年11月21日

2014年11月20日

2014年11月19日

2014年11月18日

2014年11月17日

NEC、スマートフォンなどを活用したクラウド型の画像認識サービス


 日本電気株式会社(以下、NEC)は22日、モバイル端末を用いた画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」を発表した。6月1日より販売を開始する。

 「GAZIRU」は、スマートフォンなどのモバイル端末のカメラで撮影した画像を利用して、食品・自動車・印刷物などさまざまな物体を高精度に認識し、端末の画面上に詳細情報を表示するサービス。NECが独自開発した画像認識エンジンを使って、撮影された画像とクラウド上や端末内に登録した画像データを照合することで実現している。また独自の技術によって画像データの圧縮と計算量の削減を行っているため、スマートフォンなどの限られた計算リソースでも実用的な動作速度を実現した。

 加えて、画像処理エンジン、データベース更新などのサービスに必要なシステムをクラウドサービスとして提供するので、サービス事業者が既存のサービスに画像認識を組み込んだアプリを容易に実現できるとのこと。

 具体的な利用例としては、食品を撮影すると、食品の名称・原材料・レシピなどの付加情報が画面上に表示され、健康管理に活用したり、自動車購入の際に、自動車を撮影すると、車種、価格、在庫などの情報を入手したり、といったシーンが考えられるという。

 なおNECではこのサービスを、モバイル通信事業や、製造業、流通業、農業、観光業などを中心に拡販する考えである。

関連情報
(石井 一志)
2012/5/22 12:19