2014年9月18日

2014年9月17日

2014年9月16日

2014年9月12日

2014年9月11日

日立ソリューションズ、スマートデバイスや仮想デスクトップ環境へ対応した「秘文シリーズ」新版


 株式会社日立ソリューションズは23日、情報漏えい防止ソリューション「秘文シリーズ」の新版「秘文 Version10」を6月29日より販売開始すると発表した。スマートデバイス向け新製品を追加したほか、仮想デスクトップ対応、ファイル単位による持ち出し制御などの機能強化を行っている。

 新版ではまず、Android向けの暗号化ソフト「秘文AE SmartDevice Encryption」をラインアップに追加する。同製品は、専用Android端末の内部メモリと外部メディアを暗号化し、データが第三者に参照されることを防ぐことで、盗難・紛失時の情報漏えいを防止する製品。ユーザーは暗号化操作を意識する必要はないという。

 また仮想デスクトップの情報漏えい対策として、メディアの暗号化を行う「秘文AE Information Cypher」と、デバイスを制御する「秘文AE Information Fortress」を仮想デスクトップ環境に対応させた。さらに、ファイルに機密レベル(情報の重要度)を付加する「秘文AE SecurityPolicyEnforcer ServerAgent」と、ファイル単位での持ち出し制御を行う「秘文 Server Extension」を「秘文」シリーズに追加したことで、重要度に応じたファイル単位での持ち出し制御を実現しているとのこと。

 これらの製品が加わった秘文「秘文 Version10」を用いることで、ユーザーは、セキュリティ対策を行いたい情報漏えい経路に合わせて、メール・Web、スマートデバイス、エンドポイント、ファイルサーバーの4つの構成から必要なものを選択して導入可能。また、管理サーバー「秘文AE Server Extension」でセキュリティ対策のポリシーを統合管理することから、複数の対象を統一のポリシーで管理できるとしている。


関連情報