ニュース

東京エレクトロンデバイス、ノンプログラミングでIoT向けの開発を行えるクラウドサービス「Connexon」

 東京エレクトロンデバイス株式会社(以下、TED)は、IoT向けのノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」を開発したと発表した。同日より、サービスの利用申し込みを受付開始している。

 Connexonは、システム環境、データ処理要件にあわせ、IoTシステム構築に必要なデータ入力から出力までの一連のデータ処理プログラム(データフローアプリケーション)を、Web GUIを使い、ノンプログラミングで開発できるクラウドサービス。装置、PC、ゲートウェイ、クラウドなど実行環境にあわせたアプリケーションのバイナリが作成でき、ダウンロードして自社のシステムに自由にインストールができるため、より効率的で柔軟なIoTシステム開発が可能になる。

 開発にあたっては、ファイルへの出力、ファイルからの読み出し、データのフィルタリング、標準出力、データベースへのインサート、HTTPノード間転送、WebSocket通信、FFT、クラウド連携など、各種データ処理に必要となる機能コンポーネントがあらかじめ用意されており、マウス操作によってコンポーネントを接続しパラメータを設定するだけで、簡単にデータフローを作成できるという。

 また、ユーザー企業がすでに持っているデータ処理プログラムを組み込んだデータフローも作成可能とした。

 TEDでは、アプリケーション開発企業、クラウドサービスの提供企業、システムインテグレータなどを中心に販売を進める計画で、今後3年間で5億円の販売を見込んでいる。