Trend Pickup
バックナンバー

「情報分析」と「行動」を直結させるBI

Part 4:米国最新事情〜先進企業はBAへと突き進む


 システム創造人のための情報源、「IT Leaders Web」より最新コンテンツをお届けします。同サイトでは、企業情報システムの企画・構築・運用に欠かせないトレンド情報や、最新製品/サービスの詳細を解説しています。ぜひ、「IT Leaders Web( http://it.impressbm.co.jp/ )」もご参照ください。

SaaS BIが普及 先進企業はBAへと突き進む

 米国において、BIが企業の競争力に大きく貢献することはもはや常識。その活用は中堅企業にも広がり、オープンソースやSaaS型のBIが人気を集めている。一方で、分析だけでなく“予測”を可能にするBAへの注目も高まりつつある。

 米国データウェアハウス協会は、BIを次のように定義している。「データを情報に、そして情報を知識に変換するためのプロセスやツール、テクノロジーを活用して、企業活動を効果的に遂行するための計画である」。

 近年の景気後退を背景に、そのBIの重要性がますます高まっている。仕入れや売上といった日常業務で発生する詳細な実績データを基に、「どの時期にどの商品がどれだけ売れているか」「いつ、どこで、どういった問題が、どういう頻度で起きているか」をBIを使って分析。顧客のニーズに合った商品・サービスの提供や、精度の高い需要予測による機会損失防止といった業績向上策につなげようというのだ。

 実際、米国においてBIは導入企業に大きな効用をもたらしている。特に、小売業においてその傾向は顕著だ。IT市場調査会社であるAberdeen Groupは2010年1月〜4月、小売業117社を対象にBIの導入に関する調査を実施した。この調査は、対象企業を業績(売上利益率、資産利益率、顧客保持率)に基づき3つのクラスに分類。クラスごとのBI導入状況を明らかにしている(表4-1)。調査結果を見ると、業績が良好な企業ほど積極的にBI を活用していることがうかがえる。

【表4-1】米国の小売業117社における、業績別に見たBI導入状況(出典:Aberdeen Group)

 

百花繚乱のSaaS BI

 BIの効果が明らかになるとともに、大手の企業アプリケーションベンダーはBI市場に触手を伸ばし始めた。2007年ごろのことである。口火を切ったのはHyperionを買収したOracleだった。SAPがBusiness Objects、IBMがCognosを買収し、これに続いた。

 ただし、こうしたメガベンダーが提供するBI製品は、導入に当たって巨額の投資が必要になる。規模にもよるが、上記ベンダーのBIパッケージを購入し、データウェアハウスを構築するとなると、数10万ドルかかるのが相場である。大企業ならばまだしも、中小企業にとってBIは高嶺の花であった。

 しかし、オープンソースやSaaSにより、BIはぐっと導入しやすくなった。Gartner Groupが2010年4月に発表した調査報告によると、BI導入にかかるコストの平均は、提供形態によって表4-2のようになる。オープンソースや SaaSの価格面での優位性は一目瞭然だろう。実際、米国ではJasperSoftやPentahoといったオープンソースのBIベンダーが順調にユーザー数を伸ばしている。

【表4-2】提供形態別に見たBI導入にかかるコスト(出典:Gartner Group)

 

<<→この続きはIT Leadersでお読みください>>

関連情報
(記事提供: IT Leaders)
2011/5/10 06:00